腹筋鍛えるのも、体調が悪い時は休まないとダメだぞ!

sayapon20160312402117_TP_V

俺は腹筋トレーニングをやることで風邪を引かなくなった。

でも、もし風邪(その他の体調不良含む)になったら絶対に腹筋トレーニングなどの筋トレはやっちゃだめだ!

風邪が悪化してしまい、筋トレが出来る時間が逆に減ってしまう。完全に無駄だ!

風邪の時に筋トレしたら、悪化する

常識だとは思うが念のため。風邪の時に腹筋トレーニングを含む筋トレをやったら、ほぼ間違いなく悪化する。

筋トレとは、負荷をさせた筋肉の筋繊維を破壊する事が主目的である。その筋繊維が回復する時に、初期状態よりも回復する事で強くなっていくのだ。

この回復を行っている時が最も風邪を引きやすい。

この風邪を引きやすい状態が進行したとする。

そして、風邪をひいている、もしくは引きはじめている状態で筋トレをやってしまうと、、

最悪だ!

筋繊維の回復にエネルギーが持っていかれてしまって、身体の中で活動を始めたウイルスを退治する事が出来なくなる。

結果、めちゃめちゃ風邪をこじらせてしまって、さらに筋トレが出来なくなってしまう。

初心者が陥りやすい悪循環

このパターンだが、筋トレに張り切っている初心者程陥りやすいように見受けられる。女性にも多いパターンだ。

筋トレを頑張り過ぎて、風邪を引いてしまう。

少し風邪を引きはじめた状態で、自分を騙し騙し筋トレを続けてしまい、風邪を悪化させてしまう。

この時点で、さすがにしんどくなって、筋トレを休む。

治りかけたタイミングで負荷の高い筋トレを始めてしまって、再度風邪をこじらせてしまう。

しんどくなって休む。初めに戻る。。。。

ってパターンだ。最悪の悪循環である。

このパターンのさらに恐ろしい所は、思うように腹筋を鍛える事が出来なくなって、トレーニング自体が嫌いになる事だ。

「なんか筋トレって面白くないなぁ。自分に合っていないかも」

とか、誤解の妄想をしながら、辞めていく人を俺はめっちゃくちゃ見てきた。

だから、風邪の時は、俺を信じて休め!

その方が、確実に腹筋トレーニングの効果は出てくる。いわゆる「急がば回れ」ってやつだ。

大丈夫だ。腹筋は1週間くらい鍛えなくても、衰える事はない。

確かにその時間は筋トレが出来なくて不安かもしれない。

でも休まないと、結局効果的なトレーニングは出来ない。

もしかしたら、上記の悪循環の入り口に立っているのかもしれない。

休むのも重要なトレーニングである。誰でも風邪は引く事がある。

ゆっくり休息を取り、回復した時に、休んだ分もガッツリ爆発したら良いのだ!!

ちなみに、俺は腹筋トレーニングをすることによって、逆に風邪を引かなくなった。

その辺の話は以下の記事を読んでもらいたい。

1年に数回風邪引いてたのに、腹筋を鍛えたら驚くほど改善した!
これは私の実体験である! 腹筋を鍛えてから、ほとんど風邪をひく事がなくなった! 筋トレをすると、風邪をひきやすくなる これ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする