子供のおもちゃ「Rody」は非常に優秀な腹筋を鍛える器具だ!

これまで様々な腹筋トレーニングを紹介してきたが、今回は少し変わったトレーニング方法を紹介する。

その名も「RAT(Rody Abs Training)」だ!

このトレーニング方法、失笑された方がいるかもしれないが、一回騙されたと思って試してみて欲しい。

凄く効くぞ!

※腹筋トレーニング仲間のタカヒロ君にお手本を見せてもらった。

Rodyとは?

そもそも、Rodyとは、なにか?

これは、本来だったら腹筋トレーニングには全く関係がない。

子供のおもちゃだ。

img_1412

右に写っている馬(ポニー)のおもちゃが「Rody」である。風船の馬のおもちゃで、空気を入れて子供が乗って遊ぶものだ。本来は。

このおもちゃ、腹筋トレーニングに非常に有効なのだ!

RAT(Rody Abs Training)のやり方

論より証拠。まずはやり方を見て欲しい。

img_1413

写真のように、Rodyを横にして、その上に仰向けになる。やれば解るが、Rodyは柔らかいから、いい感じに腰が痛くならない。

さらに、写真のように手でRodyの足を掴む事で身体が安定する。

img_1367

上記のように、頭を足の方に向けてRodyの耳を持つフォームでもよい。

どちらでも、通常の地面のクランチよりも腹筋が張るのがわかるはずだ。これが重要!つまり、以下のようなマシンを模擬することができる。(マシンよりも柔らかいから扱いやすい!)

055-0020

あとは、通常のクランチと同様に上体を「ゆっくり」上げていく。

img_1414

床のクランチよりも角度が急になっているので、大変な動作なのがわかるだろうか?

実際にやってみると解る。そして、この腹筋トレーニングが非常に効果的なのも、数回やっただけでわかるはずだ。

RATのメリット

普通のクランチよりも効果が高い!

というか、普通のクランチの数倍の効果と言ってもよい。

試しにRATを3レップ。1レップにつき15回試してみて欲しい。ゆっくりと。

間違いなく次の日は筋肉痛になるだろう。既にクランチで腹筋を鍛えた事がある人でも、ほぼ間違いなく筋肉痛になる。

多分初心者は2日間は腹筋が痛くて朝起きるのに苦労するはずだ。

それくらい、RATは効果的な腹筋トレーニングとなる。

応用が利く!

RATは決してオーソドックスなクランチだけしか対応できないわけではない。

当然、クランチのフォームによっては腹斜筋・腹横筋も効果的に鍛える事が出来る。

img_1372

例えば上の写真のように、腹筋をねじることで、非常に効果的に腹筋の横を鍛える事が可能だ。

さらに、写真のようにRodyの鼻を掴む事で、安定したフォームを維持する事も出来る

角度を調整しやすい!

Rodyで角度を付ける事が、RATの最も重要なポイントだ。

Rody以外でも「椅子に腰をかけてのクランチ」「鉄棒に足をひっかけてクランチ」など、人類はこれまで様々な方法でクランチの角度をつけようとしてきたが、Rodyは柔らかく、角度を調整しやすい。

Rodyだけあればよい

この腹筋トレーニングはRody以外に特別な器具はいらない。

もし子供がいてRodyで遊んでいるなら、5分間だけ子供から奪えば良い。

もし子供がいてRodyを持っていなかったら、Rodyを買い与えれば良い。

気をつけて欲しい事

ゆっくり動作する事

ROTの本質は、角度を付ける事である事は既に説明した。

それは、逆に言うと、勢いをつけたら腰を痛める恐れが高まるということだ。

なので、ゆっくりゆっくり動作して欲しい。その方が効果的だし、怪我のリスクを減らす事が出来る。

まとめ。バカにしないで一回やってみろ!

RATは腹筋の全てを効果的に鍛える事が出来る非常に優れたトレーニング手法だ。

見た目はおバカだが、そのビジュアルを上回る効果がある。

もし家庭にRodyがあれば、Rodyの色は関係ないから一度試してみて欲しい。

多分一回やったら、そのトレーニングの素晴らしさを感じるはず。

そして、腹筋侍に感謝するはずだ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする