腹筋の鍛え方:Foot 2 Footクランチ

今日紹介する腹筋トレーニングは

腹筋トレーニングの基本とも言えるクランチを応用した「Foot to Footクランチ」だ!

(日本語でなんて言うか解らないのだが、アメリカだと上記の言い回しになる。)

このトレーニングを行うと、腹斜筋・腹横筋、つまり腹筋の横の部分を鍛える事ができる。

※腹筋トレーニング仲間のタカヒロ君にお手本を見せてもらった。

Foot to Footクランチの方法

Foot to Footクランチは非常に簡単だ。特にクランチを行った事がある人にとっては解りやすいトレーニングである。

まずは、通常のクランチのポジション。横になって、足を曲げた状態にする。

腕は真直ぐ足の方向に。リラックスして。

img_1207

この状態で、状態を起こして行く。そして、ここが最も重要なポイントだが、手の指先を足の方に持って行く。

img_1208

通常のクランチと違って、上体は殆ど起こさなくて良い。重要なのは、手をかかとの方に持って行く事だ。かかとに触れるくらいに。

この動作を行うと、腹筋の横の部分(腹斜筋・腹横筋)に負荷がかかっているのが解るはずだ。その感覚が重要。

あとは初回のフォームに戻す。

これを3レップ。1レップにつき15回繰り返す。

 効果的に鍛える為のポイント!

少し上体を起こしながら行う

上記で「殆ど上体を起こさないでよい」と書いたが、全く上体を起こさなかったら効果が半減してしまう。

写真のように、少し上体を起こすのがポイントだ。

やってみたら解るが、腹斜筋・腹横筋にかなりの負荷がかかるのが解るだろう。

逆に完全に横になった状態で試してみたら、前者よりも明らかにラクなことが解る。これではダメだ。

怪我をしないために、気をつける事。

そんなにない、、かな

実はこのFoot to Footクランチは、他の腹筋トレーニングに比べると、怪我をしにくいのがメリットでもある。

手はかかとに向けて動かす為、首を痛める事も少ない。また、ほぼ常に状態を傾けてやるので、腰を痛める事も少ない。

とは言っても、無理は絶対にやめてくれ!

腹筋侍の総合オススメ度

このトレーニングは初心者で腹斜筋・腹横筋を鍛えたい人には非常にオススメだ。

また、高負荷でのトレーニングが苦手な女性でもやりやすい為、人気のトレーニングでもある。

何と言っても、怪我をしにくいし、特別な器具も必要ない。

ただ、ぶっちゃけ、そんなに効果は期待できない。やってみたら解るが、負荷自体がそれ程強くないからだ。気休め程度の効果だと思っておいた方が良い。

だからクランチと一緒にやると良い。そして、さらなる効果を求めるのなら、別の腹斜筋・腹横筋トレーニングをするべきだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする