腹筋の鍛え方:クランチwith hands resting

今日紹介する腹筋トレーニングは以前紹介した「クランチ」の応用だ。

通常のクランチは頭の後ろに手を置く事があるが、このクランチでは手を太ももの上において行う。

英語では「Crunch with hands resting」と言う。

怪我しにくいし、効果も大なので、非常にオススメできるトレーニングだ!

※腹筋トレーニング仲間のタカヒロ君にお手本を見せてもらった。

クランチwith hands restingの方法

基本的にはクランチと同じである。

img_1356

スターティングポジションは上記の写真の様に、クランチと同じく横に仰向けになる。

通常のクランチと違うのは、手を太ももの上に軽く添えることだ。

img_1357

通常のクランチと同様、ゆっくりと身体を起こして行く。同時に、膝に添えていた手も少しずつ膝の上にシフトしていく。

膝の上に手がさしかかったら、ゆっくり初回のポジションに身体と手を戻して行く。これを繰り返す。

目標としては3レップ。1レップにつき15回だ。

 効果的に鍛える為のポイント!

手をシフトすると同時に、鍛える腹筋を意識する

そもそも手を動かす理由は何か?

それは、「腹直筋」の横を意識的に鍛えられるからだ。(腹斜筋・腹横筋ではなく、あくまでも腹直筋の横)

なので、単純に手を動かす訳ではなく、しっかりと鍛えている部位を意識して行えば、それだけ効果は高くなる。

視線は膝の辺りに固定する

人は視線が向いている方向に身体を動かそうとする。

このフォームの場合は「膝の辺り」に視線を固定して、そこに状態を移動させる事を意識しよう。

そうすると、自然と腹筋が丸くなり、鍛えられるはずだ。

怪我をしないために、気をつける事。

通常のクランチと同様に、勢いをつけない

これは、どのクランチでも同じ事だ。絶対に勢いをつけてはいけない。

とは言っても、通常の手を頭の後ろに置くクランチと比較すると、怪我を起こす可能性は少ない。

腹筋侍の総合オススメ度

以前紹介した「オーソドックスクランチ」を行うよりも、個人的にはこちらをオススメする。

通常のクランチよりも怪我をする可能性は低いし、通常のクランチと同様の効果を得る事が出来る。さらに、手を膝にシフトする事を意識する事で、初心者でも鍛えている部位を認識しやすい。

地味な腹筋トレーニングだが、毎日続けていると間違いなく効果は出る。しっかりフォームを意識して行えば腹筋も割れるし、ウエスト引き締め効果もあるトレーニングである。

その意味で、男性・女性関係なく、万人にお勧めできるトレーニングだ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする