痩せたい女性は何から取りかかるべきか!?当然腹筋を鍛える事だろ!

CRI_IMG_6010_TP_V

筋力トレーニングをしてスタイルがよくなりたい!

じゃあ、どの部位から取りかかる(鍛える)べきか?

答えは、腹筋だ!

決して自分が腹筋推しだからではないぞ!

しっかりした理由がある!

貴方は、誰に自分を見てもらいたいのか?

そもそも、貴方は何故筋力トレーニングをするのか?

スタイルが良くなりたいからだよな?

では、スタイルが良いとは、どういう事を指すのだろうか。

これが、重要だ。

誰に対して、「スタイルが良い」と思われたいのか?

当然、特定の異性に対してだろ?(特定ではないかもしれないが)

つまり、貴方(女性)が考えている「スタイルの良さ」よりも、男性が考えている「スタイルの良さ」を知る必要があるのではないだろうか。

男性が見ている女性のスタイル2位が「ウエスト」だ!

ちなみに、1位は(ある意味当然だが)バストラインである。これは、筋力トレーニングでは中々改善出来ない。

だが、特筆すべきは、2位がウエスト、つまり腹筋である事だ!

これは決して俺が作り上げた話ではない。例えばネットを調べたら情報はいくらでも出てくる。

例えばここ等でも同様の事が書いている。20.3%の男性が「ウエストのくびれ」に魅力を感じるそうだ。

意外だっただろうか?私を含む男性からすると、正直当然だと思う。

なぜなら、ウエストは身体の中心だから、最も目立つ部位だ。

しかも、細身のパンツやスカートで、さらに目立つ部位である。

最もウエストに効果があるのが腹筋を鍛えることである

当然だ。ウエストに直接負荷をかけるのだから。

大胸筋には腕立て伏せとベンチプレス。ウエストには腹筋トレーニングである。

だからこそ、私が見てきた700人の大多数が女性なのだと思う。

そして、男性よりも女性の方が腹筋トレーニングの継続に成功している。自分のウエストが細くなった将来像が描きやすいからだろう。

「腹筋トレーニングをしたら、筋肉が付いて逆に太って見えるのでは?」と思われる方は、以下の記事を参考にして欲しい。

腹筋を鍛えると逆にウエストが太くなる?決してそんな事はない!
この質問、よく女性からされるものだ。 腹筋トレーニングをしたら、筋肉が大きくなって太ってしまうんじゃ。。? これは、完全に誤解で...

結論から言うと、腹筋トレーニングで脂肪だけ増えて太った人を、私は見た事がない。

腹筋トレーニングをすれば、筋肉が増える量よりも、脂肪が燃える量の方が多くなる。

また、筋肉が増える事で、カロリーを燃やしやすい身体になって、結果的にダイエット効果もある。腹筋は面積が大きいので、二の腕等よりも効果が高い!

腹筋を鍛えている間、休息している間、この両方がダイエットの効果がある一石二鳥のトレーニング。

それが腹筋トレーニングである。鍛える気になってきただろ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする