筋トレで風邪を引きやすい人に、見直して欲しいポイント!3つ!

sayapon20160312020517_TP_V

筋トレをすると風邪を引きやすくなるのは紹介したとおりである。

今回は、700人以上の腹筋トレーニングを見てきた俺が、筋トレで風邪が引きやすい人に確認して欲しいポイントを紹介する。

筋トレで風邪引くと辛いよね

わかる、、わかるぞ。

俺もそうだったから・・・・

筋トレをすると風邪を引きやすくなる。その辺は以下の記事を参考にしてくれ。

腹筋鍛えるのも、体調が悪い時は休まないとダメだぞ!
俺は腹筋トレーニングをやることで風邪を引かなくなった。 でも、もし風邪(その他の体調不良含む)になったら絶対に腹筋トレーニングなどの筋...

でも、人によっては「筋トレをすると決まって風邪をひく」方もいるのではないか?

そして、筋トレ=風邪を引きやすい、という考えが刷り込まれてしまって、腹筋トレーニング自体が億劫になっていないか?

そんな人は、一度以下を読んで見て欲しい。改善策はある。

腹筋鍛えた後、身体を温めているか?

腹筋トレーニングなどの筋トレ全般を行うと、当然だが、汗をかく。

汗をかくこと自体は非常に健康的なことだ。積極的に汗をかいて脂肪を燃やすべきだ。

だが、その状態を放っておくと、汗が気化熱で身体を冷やしてしまう。結果的に身体の中まで冷えてしまい、風邪を引きやすい状態が続いてしまう。

ヒトは身体が冷えるとウイルスに対する抵抗が弱まる事が実証されている。

なので、筋トレをやった後は、すぐに汗を拭き取るか、シャワーを浴びて身体を温めるべきである。

睡眠を十分に取っているか?

これも、上記の「身体を温める」のと同じくらい重要だ。

ヒトは主に睡眠中に身体を回復させる。

睡眠が少ない場合、筋トレで筋繊維を壊した事による回復と、外敵に対する対抗を作る作業の両方が追いつかなくなってしまう。

結果的に、筋トレの効果も弱まるし、風邪を引きやすい体質を誘発してしまう。

こうなってしまうと、そもそも腹筋トレーニングの意味がなくなってしまう。本末転倒である。

これ、睡眠時間が短い女性に、特に見受けられる問題だ。筋トレをやった日くらいは、自分に優しく早めに就寝する事をオススメする。

プロテイン、飲んでるか?

絶対飲めよ!

プロテインは筋繊維を回復する為に不可欠なアミノ酸を作り出す。

つまり、腹筋トレーニングの効果を上げるのみならず、外敵に対する抗体を作り出すエネルギーを生み出す事もできる。万能薬みたいなモノである。

俺は昔ゴールドジムに行っていたが、その時のトレーナーが

プロテインはドラゴンボールの仙豆みたいなモノだ!

と言っていたのを未だに覚えている。完全に同意だ!

つまり、プロテイン飲んで、風呂入って、寝ろ!

これに尽きる。

この3点を徹底していたら、風邪を引く頻度がグッと減るはずだ!

このいずれかが欠けていると、風邪を引きやすい体質になる可能性が高い。

面倒くさいとか言うな!

風邪を引いて腹筋トレーニングが出来ない方がよっぽど面倒くさいし、つまらない!

もし、貴方が少しでも心当たりがあるのなら、一度上記の内容を見直して改善に役立てて欲しい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする