腹筋運動は回数こなせばいいってもんじゃないぜ!わかってる!?

KENTA_932fhatubai_TP_V

腹筋トレーニングで重要なのは「回数」じゃなくて「内容」だぞ!

回数だけを追い求めてたら、いくらやっても腹筋が割れないし、ウエストも引き締まらない!

XX回やって満足していないか?

これ、初心者が陥りやすいミステイクである。

今日は100回腹筋やった!明日は150回やるか!

とか

クリスティアーノロナウドは毎日腹筋3000回やってるらしいぜ!すげーーー!

とか

それって、意味あんの?

全然意味ないよ?分ってる?

そんな回数だけにこだわった腹筋トレーニングやってても、貴方が期待している効果は得られないよ?

腹筋は割れないし、ウエストは引き締まらないし、痩せないぞ。

例えばこの動画、回数だけを求めたら、滑稽だ

俺がテレビを付けたときにたまたまやっていたのだ。

腹をかかえて笑ってしまった。アホかと!

こんな筋トレだと全く効果はない。

むしろ、一般人から見ても「ただヒョコヒョコ動いているだけ」って感じで滑稽に見えると思うのだが。

回数だけを考えると、無意識的にズルをしてしまう

ここでいうズルとは回数をズルするという話ではない。つまり、100回やってるつもりが99回で終わっている。とかそんな細かい話をしている訳ではない。

ここで言いたいズルとは「自分がラクなフォームでトレーニングしてしまう」ことだ。

以下の記事でも紹介した。

腹筋を鍛えているとき、鍛えてる部位を意識してる?超重要だぞ!
腹筋を鍛えている時の意識の違いがどれだけ重要か、わかっているか!? 特に女性の諸君!単純にノルマのように腹筋を鍛えているつもりになって...

つまり、回数を重視するあまり、本当に腹筋に効くフォームを忘れてしまって、全く腹筋に効かないラクな動作をしてしまう。

もし、貴方が回数を求めた腹筋をしているなら、実は気づいているはずだ。

確かに、初めに思ってた腹筋トレーニングと何か違う、、、と

回数にこだわる事の恐ろしさ

回数にこだわると、どうしてもフォームが乱れてしまいやすい。

腹筋トレーニングの本来の目的(割る事、痩せる事、ウエストを引き締める事)を忘れてしまって、「回数をこなす事」が目的になってしまうからだ。

ラクなフォームで腹筋をどれだけやっても、効果は全くない。(疲れるという効果しかない)

人はなぜ、筋トレに回数を求めてしまうのか

理由は簡単だ。

回数、つまり数字は、人間の目標を定める時に分りやすいからだ。

腹筋を割る

という目標よりも

腹筋トレーニングを連続で50回できるようになる

という目標の方が定量化されており自分で理解しやすい。

腹筋を鍛える事の目的を、もう一度思い出せ!

貴方が腹筋を鍛えている目的は何だ?決して「XX回腹筋が出来る事」じゃないはずだ!

腹筋を割ってみたい、、、、ウエストを引き締めたい、、、痩せたい、、、、

腹筋トレーニングを始めた時の目的が必ずあるはずだ!違うか!?

回数だけの腹筋(俺はこれを「ただの回数稼ぎ」という)をしていても、貴方が初めになりたかった身体には決してなれないぞ。

重要なのは、回数ではない!

最も重要なのは、「腹筋を意識したフォーム」で腹筋トレーニングをすることだ!

腹筋の筋繊維を効率よく痛めつけるのだ!

ヒョコヒョコ回数だけを稼ぐ腹筋トレーニングでは意味がない。

筋トレで回数を増やして自己満足に浸っていいのは中学生までだ。

必ず「自分がいまドコを鍛えているか」を意識しながら腹筋トレーニングをやるべきだ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする