腹筋トレーニングで結果を出す為には「量」よりも「質」が重要!

31ddcef1a22e93b31e2bbccba13445fe_s

前回の記事の続きだ。

腹筋運動は回数こなせばいいってもんじゃないぜ!わかってる!?
腹筋トレーニングで重要なのは「回数」じゃなくて「内容」だぞ! 回数だけを追い求めてたら、いくらやっても腹筋が割れないし、ウエストも引き...

腹筋トレーニングを何の為にやっているか、振り返る機会になればと考えている。

特に「心の中では分っているんだけど、、、」って人には是非読んで頂きたい。

自分の目標は定量的な方が立てやすい。これは事実

腹筋を鍛えている側からすると、「XX回シットアップができた」とか、回数を目標にする方が簡単だし、モチベーションも上がる。

回数が上がったら、自分が成長した気分を得られるからだ。

「俺(私)腹筋100回連続で出来るようになった!他人に言ったら驚くだろうな!」

とか、間違った幻想を抱くようになる。

他人から見た時は、どうだろう?

では、他人から見た時は、どう映るだろうか?

「俺、100回連続でシットアップできるんすよ!」

とか自分から言わないと、回数の目標は伝わらないだろう。

そんなこと言う状況って、あるか?

ないだろう。あるとしても合コンとか、ネタで話す時くらいだろう。

で、それって他人からどう映るか、考えてみろ。それほど良い印象には感じないはずだ。

「その体型で、マジで??」とか「それって自慢?」とか。

決して良い印象を与えるとは思えない。

つまり、回数の目標だけだと、ただの自己満足になってしまう。

そして、それを他人に伝える時も、ただの「押しつけ」になってしまう。

それって、腹筋を鍛える本来の目的からかけ離れてしまっているはずだ。

見た目を変える事が重要だろ!

回数じゃないはずだ。

腹筋が割れるようになった、ウエストが引き締まった、痩せた。

こういう「見た目」が変わった場合、自分から主張しなくても他人が気づく事になる。

このブログを見にきた貴方も、当然こっちを目標にしているはずだ。回数ではなく。

見た目を変える為に、回数は重要ではない

むしろ、回数だけを考えたら失敗する。

なぜなら、回数を追い求めるあまり、無意識に「ラクをするフォーム」でやってしまっているからだ。これだと腹筋を鍛えるという本来の効果が期待出来なくなる。

重要なのは腹筋トレーニングの「質」である。

自分がどの部位を鍛えているかを意識しながらトレーニングをする必要がある。

何も考えずに100回行う腹筋トレーニングよりも、「どこを鍛えているか」を意識して行う10回の腹筋トレーニングの方が、効果がある。つまり、見た目が格段に変わる。

回数を追い求めていた人が、「質」を重視した腹筋トレーニングにコース変更するのは辛い事である。これまで行ってきたトレーニングを否定された気がするだろう。

でも、うすうす気づいていたはずだ。重要なのは「回数」ではなく「質」だと。ただ、自分を騙してやってきていただけだ。

俺はただ、事実を伝えただけだ。これで目が覚めただろう。

これから「質」を重視したトレーニングを覚えて実践すれば良い。そのために、このブログがあると思ってもらっても構わない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする